Pocket

NPO法人 海べの森をつくろう会について
 この法人は、被災地において自然と共存し、自然の恩恵を享受する未来の暮らしを想像するとともに、
 故郷の永続的発展と後世に継承する財産と文化の形成を目指すため、生業を営むため失われた自然環境を回復させる事業と、
 震災の記憶を風化させずに未来へと繋ぐ為の植樹活動を中心とした故郷づくりに寄与する事業を行っています。

植樹への思い
 私たちは東日本大震災で被災し、荒涼たる海辺の風景に絶望感と無力感に襲われました。
 その中で、津波に負けない樹木の存在と、大津波に流された人々の命をつないだ木々の存在を知り、
 次第に将来への災害への備えと、美しい海辺を取り戻したいという想いを抱くなるようになりました。
 明治三陸の大津波の災害後、先人たちが被災地に欅の木々を植樹し避難道の建設に尽力したことを知りました。
 先人の震災復興への記録と東日本大震災の教訓から、生かされていることの役割を大きく認識した次第で、
 私たちも今、育苗活動と植樹活動を、揺るぎない故郷の創造を目指します。